損害金取得にむけての調査・探知の事なら一般社団法人長野住宅研究へご相談下さい。

一般社団法人長野住宅研究
損害金取得にむけて調査・探知を致します!
ブログ
[最近の記事]
2017/03/28
2017年4月よりドローン調査致します。当協会では4月よりドローンによる損害調査を始めます。 より細かな損害等の探知ができるようになりました……続きを読む

2017/01/24
1月の大雪1月20日から県内北部を中心に大雪となりました。県北部・東部からの方々より損害調査の問い合わせもござ……続きを読む

全て表示
新着情報
2017/01/05
本年1月より地震保険料金が改定され、多くの地域で保険料金が値上げされます。又、受け取り金は細分化され受け取りの平均金額は減少される模様です。

2016/12/13
一般社団法人長野住宅研究は、損害金取得にむけて調査・探知を致します!専門家の相談(弁護士・一級建築士・FP等)によって金融機関への最適な請求権の行使が実現できます。貴方様の一番の利益に繋がりますので、小さな事でも心当たりがございましたら是非ご相談ください。

RSS
全て表示

被災認定300件以上!

瓦のずれ

外壁のヒビ

カーポートの破損

専門家の相談

近年は大きな自然災害がございました。建物は倒壊し流され、突発的な大型台風、大雪又は2016年11月には都心でも積雪を記録するなど予想もできない事態が後を絶ちません。中規模の災害は頻繁となり我々の建物への損害リスクは増すばかりです。
当協会はそんな損害を被った方々へコンサルタント型での知識提供や建物修理におきましても金銭的な負担を0円で修理実現ができるようなケースを300件以上の実績を作ってきました。協力会による専門家の相談(弁護士・一級建築士・FP等)
によって金融機関への最適な請求権の行使が実現できます。
3年以内に塗装やリフォームされた方も支払った一部のお金が戻ってくる可能性もございます。
貴方様の一番の利益に繋がりますので、小さな事でも心当たりがございましたら当協会へ是非ご相談ください。

長野住宅研究の5つの特徴

実績例

軒樋破損

認定金額40万円
長野県中信地域 U様 軒樋破損
雪により軒樋が破損してしまった家屋。大事な破損ではないものの損害調査後、請求権を最大限に行使し40万円を保険会社より認定できた事例。

建物解体

認定金額35万円
岐阜県中濃地域 建物解体
知らずに解体してしまった場合は解体費がそのまま負担になるところだが、損害調査により請求取得部分を特定し、所定の手続きにより損害保険会社より一部損害金が取得できた。

板金破損

認定金額100万円
長野県南進地域 M様 板金破損
突風などで棟板金が破損してしまった例。軽微な破損であるが、調査後、当該保険会社に申請し100万円が認定された案件。
当初、家主は損害に気がつかず当協会職員が指摘し判明した。

お問合せフォーム

PageTop